川越市・K様邸 外構リフォーム

更新2017.5.15 外構・エクステリア施工事例



お客様からのご要望

以前の玄関アプローチには飛び石が置いてあって、つまづく危険性がありました。
また、将来の万が一に備えて車椅子でも通行に支障ないようバリアフリーにしたいという思いもありましたので、今回工事することになりました。

私たちからのご提案

今は元気でも将来の万が一のために・・・という気持ちがきっかけで始まった今回のリフォーム。
確かに、「備えあれば憂いなし」で、万が一のことが起こってからでは余計に日常動作が大変です。

今回一番時間を割いたのはインターロッキングの色選び。
インターロッキングは暖色系が多く、カタログにも今回のようなイメージは少なくてなかなか決まりませんでした。
サンプルをいくつか取寄せ、現場に並べて・・・という作業を繰り返したおかげで満足のいくリフォームになったようです。


施工前

【玄関アプローチ】 並んでいる飛び石につまづく可能性があり、危険でした。

【玄関アプローチ】 石がきれいに並べられているのですが、将来車椅子の障害になる可能性が・・・。

【玄関門柱】 埋込のポストがなく、門柱の上にポストが載せられている状態でした。




施工中

【玄関アプローチ】 既存の飛び石などを撤去して土の状態になりました。

【玄関アプローチ】 土の上に砂利を敷いて固めていきます。

【玄関アプローチ】 砂利の上に砂を撒いてインターロッキングを敷設します。




施工後

【玄関アプローチ】 庭を生かしながらの曲線のアプローチ。タイルとの段差もなくなり安心です。

【玄関アプローチ】 色合いは建物や外構に合わせてグレー中心に。


【玄関門柱】 既存ブロック塀を傷つけることなく、ポストを取付。口が大きいサイズを選びました。

【ポスト】 ポスト収納部分は奥行も高さもある大容量タイプ。




リフォームデータ

住所 埼玉県川越市
氏名 K様
工事件名 外構リフォーム
施工箇所 玄関アプローチ
築年数
担当者 川合健司
工期 4日間