リフォーム知恵袋『窓の防犯対策リフォーム』

更新2018.11.28 リフォーム知恵袋代表者コラム


の防犯対策リフォーム


空き巣の侵入手段として一番多いのはガラス破りだそうです。

 

 

しかし残念ながら、強化ガラスや網入りガラスでは防げません。

 

 

窓の防犯対策リフォームとしておすすめなのは「防犯合わせガラス」です。

2枚のガラスの間に樹脂製の中間膜を挟み込んだもので、ハンマーで叩くと、ヒビは入っても穴はあきません。

また、一般のサッシにおさまるので、既存ガラスとの交換も簡単です。

 

 

さらに、「防犯合わせガラス」を内窓として追加する方法もあります。これなら防犯性に加え、断熱性や防音性も向上するでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、センサーライト、雨戸、面格子、補助錠などを窓に付けると心理的に「入りにくそうだ」と思わせる効果があり、空き巣へのプレッシャーになります。

 

ご自分で防犯フィルムを貼る場合は、気泡が入らないように注意しながら丁寧に貼ってくださいね。